口臭はガムやキャンディなどの一時的予防ではなく、歯科で臭いの根本を断絶するのが一番の解決法です。

口臭の原因は歯科で調べてもらおう
口臭の原因は歯科で調べてもらおう

歯科で本格的に口臭予防

PAGETITLE
中高年のサラリーマンを中心に、年齢とともに悩みの一つとして挙げられるのが口臭。自分ではわからないかもしれませんが、周りにとってはとっても気になるのです。

しかし、ニオイというのはデリケートな問題なので本人に直接言えないのが現状。相手が会話中に鼻を押さえたら遠まわしな口臭のサインかも。マナーとしてやはりこの問題は解決しておきたいところです。

しかし、口臭予防に対してどんな対策をとっているのかというと、ほとんどの人がガムや食後の歯磨きなどの一時的な処置のみ。確かに効果はあるのかもしれませんが、長続きはしない上、きつい人であればそれだけでは防げない可能性もあります。


では、どんな対策をとればいいのかというと、やはり専門家へ見てもらうのが一番でしょう。歯科へ行けばその原因がすぐにわかります。
まず歯科へ行くとカウンセリングから始まります。
口臭の原因は生活環境や、食事、虫歯、歯周病などいろんなことがあり得ますので、その人の原因をまず追究するようです。
そして、どの程度の口臭レベルなのかを調べる歯科もあるようです。
その方法とは、空のコップへ息をはき、閉じ込めるように手でコップへふたをします。
大きく深呼吸をするように、新鮮な空気を吸った後改めてコップへ鼻をつけて匂いを嗅ぐとどのくらい息が匂うのかがわかるのです。
自分で自分の域の匂いを知るのは大切なことですよね。その後に、口臭の原因でもある舌についているコケの色や量をみられるそうです。
自分の口臭を知ることは人間関係にも関わる大切なことですね。

関連サイト