口臭に悩んでる方は、一度歯科に訪れてみてはいかがでしょうか。意外と簡単に解決できるかもしれません。

口臭の原因は歯科で調べてもらおう
口臭の原因は歯科で調べてもらおう

口臭の原因を歯科で調べてみよう

口臭の原因は歯科で調べてもらおう
自分では中々気が付かない口臭ですが、あなたは大丈夫でしょうか?口臭の場合は指摘されても中々原因を探すことが難しく、余計にストレスになる場合も多いかと思います。
口臭に気が付いた場合、どこへ行けば良いのでしょうか。
内科?胃腸化?ちょっと意外かもしれませんが、歯科へ行くことで解決するパターンが多いです。

口臭には2種類あります。
生活習慣やストレス、飲食物など様々な原因で引き起こされる生理的口臭と、虫歯や歯周病あるいは糖尿病や内臓疾患などの体の変調や病気によって起こる病的口臭です。
生理的口臭は口腔内の汚れ(食事の残りカス等)が原因になったり、喫煙や口の乾燥によって引き起こされる口臭です。
歯磨きやうがい薬などで改善されるのが特徴で、特に医療行為は必要ありません。もうひとつの病的口臭ですが、これは胃の悪い人や糖尿病等で発生する口臭です。
こちらは治療が必要なため内科等に行くことが多いかと思いますが、「歯周病」や「虫歯」によって口臭が発生することもあります。
私も以前、自分の口臭が急に気になりだして内科を回りましたが原因は判明せず。いたって健康と診断されたことがあります。
とはいっても、化膿したかのような生臭いにおいに耐えかねて歯科を訪れたところ、歯茎の腫れ(歯周病)だと言われた体験があります。
(当時、歯磨き粉代をケチって安い変なものを使っていたのが原因か…?と個人的に勝手に思っています。
)そのご、きちんと治療を行うことで口臭が改善して自分では全く気にならない様になったことから、口臭が出たときには歯茎の状態を確認して歯科医院を訪れることをオススメします。
年を重ねると、中々口内の健康までは気を使わなくなってしまいます。
いつまでも健康な歯、健康な息を持続するためにも定期的に歯科を訪れるように計画を立てるのも良いかもしれません。最近では口内の口臭測定器などもありますので、自分の状態が良い状態か悪い状態か簡単に判別できますよ。

関連サイト